クリスタルティアーズ 副作用

真相を徹底究明【副作用が危険!?】

クリスタルティアーズ 副作用

 

クリスタルティアーズはシミを消す効果がすごい!とか、ニキビが治る効果がすごい!とか評判になっていますが、効果がそれだけあるということは、もしかして副作用の危険もあったりするんじゃないの?と心配になる人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

なんていう私もその一人です(笑)

 

クリスタルティアーズの口コミを見ていると、本当に使いたくなるんですが、副作用の危険性が気になります。

 

ここでは、クリスタルティアーズに使われている成分から、副作用の危険がある成分はないか徹底調査しました!

 

成分から見るクリスタルティアーズの副作用の危険性

 

クリスタルティアーズの全成分を公式サイトで確認すると次のように記載されていました。

 

“カリ含有石ケン素地、水、ブロメライン、パパイン、アルブチン、グリチルリチン酸2K、豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ラレアディバリカタ葉エキス、パパイア果実エキス、パイナップル果実エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、オリーブ油、イランイラン花油、香料、グリセリン、BG、レシチン、粘土、モンモリロナイト、カオリン、マイカ、酸化チタン”

 

この中で、何となくですけど、名前からして副作用の危険が気になった成分が5つあります。

 

  • プエラリアミリフィカ根エキス
  • モンモリロナイト
  • カオリン
  • マイカ
  • 酸化チタン

 

これらの成分について副作用の危険がないのかチェックしました。

 

プエラリアミリフィカ根エキス

 

一番気になったのがプエラリアミリフィカ根エキスです。

 

プエラリアミリフィカってバストアップのサプリに配合されている成分で副作用が危険なんてことを何かの記事で読んだことがあるからです。

 

実際のところはどうなんだろう?と思って調べました。

 

確かにプエラリアミリフィカには、生理不順、抜け毛、吐き気、にきび、などの症状が合わられることがあるようです。

 

ただし、これも経口摂取で、しかも用量を大きく超えて飲んだ場合のこと。

 

クリスタルティアーズは飲むわけではないので、副作用の心配をする必要はなさそうです。

 

モンモリロナイト

 

モンモリロナイトってなに?と思ったら、粘土のことのようです。

 

肌を傷つけずに、汚れ落ちを良くするために配合しているようです。副作用の心配はなさそうですね。

 

カオリン

 

カオリンも岩や石などが風化してできた粘土のことのようです。

 

カオリンは毛穴汚れを落とす効果や、余分な角質を吸着しやすいという性質があるようです。

 

不要な角質を落とすのに効果がありそうです。

 

これも副作用の危険性はなさそうです。

 

 

マイカ

 

マイカとは、表面がすべすべした鉱物のこと。これも粘土ですね。

 

化粧品には、着色剤、滑沢剤として利用されています。

 

ファンデーションなど、メイクアップ化粧品によく使われている一般的な成分なので、これも副作用の危険性はありません。

 

酸化チタン

 

酸化チタンって名前からして、危険な香りがするのですが、これは一体何なのでしょう?

 

酸化チタンはイルメナイトという鉱物をモトに作られる白色の紫外線散乱剤です。

 

日焼け止めなどによく使われている成分で、これも一般的なものです。

 

これまで副作用が報告されたことはないようです。

 

以上、クリスタルティアーズで副作用の危険性を感じた成分について調べてみましたが、本当に副作用を引き起こした成分はありませんでした(当たり前ですけど)。

 

実際に、クリスタルティアーズの販売元にも、これまで副作用があったという報告はないようです。

 

安心して使えるクリスタルティアーズですが、肌が本当に弱い人はパッチテストをしてから使用してくださいね。

 

>>クリスタルティアーズの詳細はこちら